コウモリ撃退法の注意点

コウモリ撃退法の注意点

main-img

コウモリが部屋に侵入してきた時は、素手で触らずコウモリ用の撃退スプレーを利用すると効果的です。

コウモリは人間にも感染する病原菌を持っている可能性があり、怖くないからと言ってむやみに素手で触れてしまうと病気に感染する危険性が高まります。



コウモリ用のスプレーはホームセンターやネット通販で多数販売されているので、手軽なコウモリ撃退法としておすすめで、安価で確実に追い払うことができるのが魅力です。



家の屋根裏や倉庫などに住み着いてしまっている場合でスプレーだけでは撃退できないと感じた時は業者に頼むが確実です。

コウモリ撃退法を心得ている業者は、屋根裏などに薬剤を撒いて短時間でコウモリを追い払う事が可能で、コウモリの進入口も金網などで塞いでくれるので安心して生活できるようになります。

注意点としてはネズミやシロアリなどに実績がある業者でコウモリ撃退に経験と知識がない業者に頼んでしまうと、駆除をするのに時間が掛かるわりに完全に撃退できないケースがあるのでコウモリ駆除に実績がある業者を見つける事が重要です。コウモリ撃退法は自分でスプレーなどを使って追い払える場合と、数が多かったり屋根裏などの駆除しにくい時に業者に頼む方法があるので自力で駆除できるかどうかを考えて撃退するのが良いです。



質の高い業者は作業前にしっかりと見積もりをして作業内容を説明してから作業を開始してくれるので後からトラブルになる事なく安心です。

学ぼう害獣駆除の事

subpage01

コウモリはゴキブリなどの害虫を食べるため益獣とされています。しかし天井裏や倉庫に住み着いてしまった場合、糞やダニにより非常に不衛生ですし、健康被害を及ぼす恐れがあるため早急に駆除が必要です。...

more

害獣駆除についての考察

subpage02

夕暮れになると、ヒラヒラと住宅地を飛び回るコウモリ。日本に生息するコウモリは直接的に人間や動物に害を及ぼすことはありませんが、体に寄生しているダニやノミの被害。...

more

害獣駆除の実態

subpage03

夜になると空を飛び回り活動的になるコウモリは、人間の生活に悪影響を与える厄介者として嫌われています。日本で最も数が多いとされているアブラコウモリは、体長が5センチ重さは10グラムと決して大きな体ではないものの、住宅などに住みつき被害を加えてしまうため、適切なコウモリ撃退法での駆除が必要です。...

more

害獣駆除を身に付けよう

subpage04

シャッターや雨戸の裏など時には思わぬところに住み着いてしまい迷惑をかけられることもあるコウモリは、人に咬みつくことはほとんどありませんが放置したままにしていると個体数が増えていってしまうだけでなく、排泄物による異臭や雑菌やノミとダニの繁殖なども重なって被害が拡大する懸念があることをご存知でしょうか。動物臭いニオイは普段かぎなれないため、鼻につく嫌なにおいとなって頭痛や鼻の痛み鼻水が止まらなくなるような人もいますし、鳴き声や羽ばたく音などが神経に障りイライラが募るなど体に影響が出てしまうときがあります。...

more