状況を悪化させないうちに済ませたいコウモリ撃退法

subpage01

シャッターや雨戸の裏など時には思わぬところに住み着いてしまい迷惑をかけられることもあるコウモリは、人に咬みつくことはほとんどありませんが放置したままにしていると個体数が増えていってしまうだけでなく、排泄物による異臭や雑菌やノミとダニの繁殖なども重なって被害が拡大する懸念があることをご存知でしょうか。



動物臭いニオイは普段かぎなれないため、鼻につく嫌なにおいとなって頭痛や鼻の痛み鼻水が止まらなくなるような人もいますし、鳴き声や羽ばたく音などが神経に障りイライラが募るなど体に影響が出てしまうときがあります。コウモリ撃退法として安全に取り組むことができるのは忌避剤を撒くか燻煙剤を使う方法や超音波発生装置を取り付ける方法がありますが、天井裏など比較的広い場所には何十匹も住み着くことがあって、数が多くなるほど逃げないコウモリも出てくるので慎重に対応しなければなりません。家庭では多くても数十匹くらいですが大きな工場や倉庫ともなれば何百匹も住み着いてしまうことがあって、これほどまでに数が多くなると素人が行うコウモリ撃退法では太刀打ちできない可能性があるため、実績がある業者に依頼したほうが安心です。



プロが使う道具は市販されているものより強力ですしこれまでの経験から状況にあったコウモリ撃退法を選択して要領よく対応してくれるので、いつまでも悩まされることなく早期解決につながる可能性が高まるので、まずは現場を見に来てもらいましょう。