知ってればもう安心コウモリ撃退法

subpage01

コウモリはゴキブリなどの害虫を食べるため益獣とされています。
しかし天井裏や倉庫に住み着いてしまった場合、糞やダニにより非常に不衛生ですし、健康被害を及ぼす恐れがあるため早急に駆除が必要です。

しかしコウモリは鳥獣保護法により勝手に捕獲・殺傷が禁止されているため駆除する際は注意してください。


コウモリ撃退法として一番簡単なのが、忌避スプレーで追い出す方法です。

ホームセンターやインターネットで購入することができ、コウモリが嫌がるにおいで近寄りづらい環境を作ります。

コウモリは夕暮れから夜間にかけて外に出ていく習性があるため、特にこの時間帯を選んで作業することをおすすめします。



しかしスプレー式の忌避剤は臭いが長時間持続しないことがあるため、定期的に散布するようにしてください。
もし定期的に散布することを忘れそうな場合は、固形やジェルタイプもあるため使いやすい形状を選ぶと良いでしを実施されると良いでしょう。コウモリ撃退法で重要なのが、追い出した後に侵入経路を塞ぐことです。

侵入経路を見極めるのは難しい場合がありますが、換気扇、雨戸の戸袋、シャッターボックスが主な侵入経路となっていることが多いため、まずはそのような場所から点検をするようにしましょう。

侵入経路がわかったら市販のパテや目の細かい金網を使用するなどでしっかりと塞ぐことです。



シャッターや雨戸は面倒でもその都度開け閉めすることで寄り付きづらくさせます。


コウモリ撃退法は即効性のあるものではないため、ここは居心地が悪い場所だとコウモリが学習するまで継続して行うようにしましょう。