自分で出来るコウモリ撃退法は?

subpage01

夜になると空を飛び回り活動的になるコウモリは、人間の生活に悪影響を与える厄介者として嫌われています。



日本で最も数が多いとされているアブラコウモリは、体長が5センチ重さは10グラムと決して大きな体ではないものの、住宅などに住みつき被害を加えてしまうため、適切なコウモリ撃退法での駆除が必要です。


コウモリにはノミやダニが多く寄生しており、そのフンが乾燥し空気中に拡散されてしまうと感染症を引き起こしたりと非常に危険なのです。

様々な面で被害を加えてしまうコウモリですが、誰しもが駆除できるものではありません。

コウモリは蛾やゴキブリのような害虫を餌としていることから、鳥獣保護法により無許可での殺処理が禁止されています。そのため、専門の駆除業者でさえも滅多に殺処理を行うことはありません。

コウモリ撃退法として、業者に依頼することも手ではありますがお金がかかってしまうため、まずは忌避スプレーで攻撃し追い出してみるのも一つの手です。
スプレーを噴射し中のコウモリがいなくなったのを確認し、出入り口や隙間をパテや金網で埋めていくとそこにはもう侵入できなくなります。



この方法は自分で出来るコウモリ撃退法としてはおすすめです。作業は夜行性のコウモリの特性を考慮し、夕暮れから夜間にかけてが良いのですが、繁殖期の7月〜8月頃はなかなか追い払うことが困難なため時期選びも重要です。



コウモリは自分で駆除を行うには難易度が高く、危険性もともなうため無理は絶対にしないことが大事です。